「茶の湯のマナー」カテゴリーアーカイブ

「即今」の意味するものは

お茶席で使われる禅語「即今々々 (そっこん そっこん)」

桃山・江戸初期の禅僧江月宗玩の言葉です。

宗玩は、お茶を一服いただいた後に「即今」と書をしたためたといいます。

今この瞬間が大事であるのだ。

昨日は既に過ぎてしまって、明日は分からないのだから、今を精一杯生きなければならない。

今は過去と未来、始まりと終わりをつないでいる凝縮された
一点。

茶室でのこのお茶を飲む瞬間が人生のすべてであると。

この瞬間が幸せなら、人生は幸せ。

*******

今この瞬間が今を生きることのすべてであるなら、

例えば、スマホの手を止めて、目の前の人の話に耳を傾けることだって、

今を生きることになるということですね。

反省です・・。

P1120126


「喫茶去 (きっさこ)」の意味するものは

お茶の席で使われる禅語喫茶去 (きっさこ)

禅僧趙州の言葉です。

時々床の間のお軸で、この言葉を見ることがあります。

「まあ、お茶でも飲もう」と、

忙しければ忙しいほど、そこで深呼吸をして、まず一服のお茶を飲むことの大切さを語っているのですね。

その時ふわっと暖かい気持ちになり、活力が蘇り、前に進む気持ちになるものです。

どうぞリラックスしてくださいと、
もてなす側の相手に対する深い思いやりの心の表れなのですね。

丸窓と廊下